医師が転職を成功させるには?良い求人の探し方



医師専門の転職支援求人サイトなどが数多く

一般的な会社に勤務しているサラリーマンは様々な理由で転職することがありますが、人の命を預かっている医師であってもそれは例外ではありません。昔は一度医局などに入ればそう簡単に転職などできるはずもありませんでしたが、近年は医師専門の転職支援求人サイトなどが数多く登場し、新たな職場を希望するニーズの多さが浮き彫りとなっているのです。現在の日本は特に外科医が深刻な医師不足に陥っており、過酷な勤務に悩まされるドクターも多くいます。病院側としても人手を確保するためにより高待遇好条件で求人 を出している所も多く、新たな職場を検討するドクターが増えている理由にもなっています。もし新しい職場を探している場合、異動を成功させるためにはできるだけ内密に行う必要があります。

登録者限定の求人なども

先述したように、現在人手不足で悩んでいる病院がほとんどですから、自分の病院から退職希望者がいると知られれば同僚たちから白い目で見られることもあります。医療業界というのは意外と狭い世界で、限られた地域などであればこういった情報はあっという間に広まってしまいます。現在勤務しながら新しい職場を探している場合、活動していることを知られればいらぬ噂を流されたり嫌がらせを受けるような事態もないとは言い切れません。もし噂を他の病院にも知られれば、良くないイメージを持たれて採用試験に申し込んだだけで断られてしまうこともあります。このような事態を避けるためにも、医師が転職活動を行う場合は表立って自分で動かず、支援サイトを利用することが成功させるコツだと言えます。支援サイトは全国津々浦々の求人情報を網羅しており、地元で探すだけでは決して見つからないような登録者限定の求人なども数多くあります。サイトを経由することで求人への申し込みや質問などを代行してもらえるうえ、実際に面接が決まるまで氏名や現在の勤務先など個人情報が漏れることもありません。

医師の求人サイトの利用

今から10年前に私は医師としての人生をスタートさせました。現在、九州地方の総合病院で勤務をしていますが、最初に医師をスタートさせたのは大阪の大学病院でした。大阪の国立大学の医学部を卒業した私は、そのまま大学病院へと勤務し始めました。最初の1年目や2年目というのは、臨床というよりも雑用のような仕事を中心に行っていましたが、運転免許を免許学校で習得するのと同じように、自然と医療への知識や技術を身につけていきました。それでも、新人の頃は、毎日の仕事の量の多さと闘いながら日々を過ごし、時には体調を壊した事もあります。大学病院というのは通常の総合病院よりも規模が非常に大きい事がほとんどで、入院患者の数も外来数もかなりの数になります。その分、在籍している医師や看護師の数も多いのですが、私が勤務していた大学病院は一人の医師に任される仕事の量が異常でした。新人の頃はできるだけ多くの経験を積まなければなりませんので、仕事量が多いのは良い経験値となりますが、体調を崩すほどの忙しさはあまり良い仕事場とは言えないとある時思い始めました。そこで自分なりに転職先を見つけようと漠然と思い始めたのが今から6年前です。自分なりに、学会で会う知人などに聞いてみたりそれなりの行動をしたりしたのですが、自分だけで求人情報を得るのはなかなか難しい部分がありました。そんな毎日を過ごしていた5年前に、実家の母が体調を崩してしまいました。その為、できるだけ急いで実家の近くで転職先を見つけなければならない状況になりました。そこで、既に大学の先輩で転職を成功させていた方がおられたので、相談してみるとその先輩は求人サイトを利用したという事でした。早速私は大手の求人サイトに登録をして、すぐに自分の希望条件の申告をしました。私の希望条件は3つで、まず実家の近くから徒歩でも通う事ができる距離の医療機関である事、年収が大学病院の頃よりも多い事、シフトなどの勤務時間の自由度が高い事でした。この3つの条件でまずは自分で検索をかけてみたのですが、地方都市の人口の多いエリアという事で、かなりの医療機関の候補先がヒットしました。あまりにも候補先が多いので、自分で一つ一つ選ぶにはかなりの労力と時間がかかる事が予想され、サイトのカスタマーセンターに相談しました。カスタマーセンターには、相談役としてキャリアパートナーが常駐しており、サイト内で困った事があると対応して下さり、私の場合も、待遇面などを上げてたり、子供がまだ小さかった事もあり託児所が併設され、幼稚園が近くにあることなどの条件を新たに加えて下さいました。それによりかなり候補先を絞り込む事ができ、最終的に3つの面接の予定を組みました。この面接日の調整もキャリアパートナーがして下さいましたので、私が行ったのは本番の面接に臨むだけでした。既に医師として5年の経験がありましたので、知識や経験などにはそれなりに自信があったのですが、就職活動の経験があまりなかったので、面接を受ける事に自信がなかった私は、キャリアマネージャーに模擬面接なども何度か行って頂きました。おかげで本番では滞りなく進行する事ができ、3つ全てから内定を頂きました。その中でも、待遇面が良かった現在の勤務先に御世話になる事を決め、5年の月日が流れました。現在の勤務先は夜勤の調整などもかなり自分の意向を反映させることができるので、家庭と仕事を両立させることができています。求人サイトを利用する事で、自分一人で転職活動をする場合よりも様々なサポートを受けつつ進めることができましたので、短期間で効率的に転職を成功させることができました。

つぎ⇒サイトを運営している企業はそれぞれ特色や得意なジャンルなど

e-dentist
求人 医師
TOP